大阪市阿倍野区の透析クリニック 昭和町小尾クリニック

アイコン06-6623-8701

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-28-4

銀翠・小田ビル3・4F

お問い合わせ

お問い合わせ

採用情報採用情報

お問い合わせ・見学お申込み

医師紹介

医師紹介

理事長
椿原 美治
<メッセージ>
この度 令和3年4月1日付で医療法人徳靖会理事長に就任しました。これまでの経験を活かし、小尾クリニック 伊藤院長、昭和町小尾クリニック 薮内院長をはじめとする役職員とともに研鑽を重ね、地域の透析医療に貢献していく所存でおります。
これまで同様、医療法人徳靖会をよろしくお願いします。
<経歴>
経昭和49年3月 和歌山県立医科大卒業
同年4月 大阪大学医学部大学院医学研究科内科系入学、腎臓研究室入局
昭和53年3月 大学院卒業後、大阪府立病院腎臓内科(現大阪急性期・総合医療センター腎臓・高血圧内科)勤務
平成4年4月 同部長に就任
平成24年4月 大阪大学大学院医学系研究科 腎疾患統合医療学寄附講座 教授に就任
平成27年3月 同教授を定年退官
平成27年4月 学校法人大阪滋慶学園 滋慶医療科学大学院大学(現 滋慶医療科学大学大学院)教授に就任
平成30年4月 学校法人大阪滋慶学園 滋慶医療科学大学院大学(現 滋慶医療科学大学大学院)研究科長に就任
令和1年3月 滋慶医療科学大学院大学(現 滋慶医療科学大学大学院)を定年退官
令和1年4月 滋慶医療科学大学院大学(現 滋慶医療科学大学大学院)特任教授に就任
令和3年4月 医療法人徳靖会理事長に就任
令和4年4月 滋慶医療科学大学大学院客員教授に就任
<加入学会及び役職>
日本内科学会:認定医、日本内科学会近畿地方会;評議員
日本腎臓学会:専門医、指導医、評議員
日本透析医学会:専門医、指導医、名誉会員
日本循環器学会:専門医
日本高血圧学会:特別正会員
大阪透析研究会:顧問
大阪CAPD研究会:顧問
アメリカ腎臓学会会員など
<その他役職>
日本透析医学会統計調査委員長(~2014年)
日本透析医学会第二次腎性貧血治療ガイドライン作成ワーキンググループ委員長(~2008年)
日本腎臓学会学術委員(~2014年)
日本腎臓財団戦略研究アドバイザー委員(~2014年)
大阪府立学校腎検診判定審査会委員長
平成26年日本透析医学会学術集会・総会会長
名誉院長
中西 功
<経歴>
昭和49年3月 和歌山県立医科大学卒業
昭和49年4月 大阪大学医学部第1内科(腎臓研究室)入局
昭和56年3月 医学博士取得
昭和56年4月~平成9年3月 大阪府立病院腎臓内科勤務
(現:大阪急性期・総合医療センター腎・高血圧内科)
平成9年4月~平成26年3月 大阪府立母子保健総合医療センター
(現:大阪母子医療センター)・母性内科勤務
平成26年4月~ 大阪市福島区医療生協診療所勤務
平成27年8月~ 医療法人徳靖会 昭和町小尾クリニック勤務
<資格>
日本透析療法学会:専門医
日本内科学会:認定医、近畿地方会評議員
日本腎臓学会:専門医・指導医、功労会員
名誉院長インタビュー >
院長
薮内 智朗
<メッセージ>
令和4年4月1日より中西前院長(現名誉院長)の後任として、昭和町小尾クリニックの院長を務めさせていただく薮内智朗と申します。
平成21年(2009年)に関西医科大学を卒業し大津赤十字病院での勤務後、東京女子医科大学病院で様々な腎疾患(腎炎・ネフローゼ症候群、保存期腎不全、血液透析、腹膜透析、腎移植等)について学ばせていただき、ご指導をいただいた先生方や、看護師さん、コメディカルの皆さん、医療を支える様々な職種の方のお力を借りて研鑽を積んでまいりました。
こうした診療経験を通じて考え学んだ事は、透析医療において単に至適透析を追求するといった日々の透析診療のみならず、一人一人の患者さんの社会面、生活面等も含めた理解が必要であるということです。これからも、日々研鑽を行いながら、患者さんにとってより身近な存在であり続けられるよう一生懸命努めてまいります。
何卒よろしくお願いいたします。
<経歴>
2009年3月 関西医科大学医学部 卒業
2009年4月 大津赤十字病院 勤務
2014年4月-2020年11月
東京女子医科大学腎臓病総合医療センター腎臓小児科 勤務
2021年4月 医療法人徳靖会 昭和町小尾クリニック 勤務
<資格>
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会 透析専門医
日本腹膜透析医学会 腹膜透析認定医
日本小児科学会 小児科専門医・指導医